PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ユニボディな17インチに心揺れる

 最後の Macworld Expo で発表された,あのユニボディな17インチ MacBook Pro に心が揺れています.今の17インチ(2007年モデル)をリプレースしたほうがよいのか,それとも,ここはぐっと堪えて次の潮流を読むべきなのかと.

 今度の17インチの魅力をいくつか挙げてみると...

  • 美しいユニボディへの進化
  • マルチトラックパッド
  • 駆動時間が延びたリチウムポリマバッテリ
  • オプションで選べるアンチグレアLEDディスプレイ

 なかでもうれしいのは,アンチグレアを選択できるようになったことです.グレアタイプは,色鮮やかに美しく見えるのですが,写り込みという弱点をかかえています.

 ここに挙げた意外にも,オプションで CPU を 2.93GHz にアップグレードできるのもうれしいですね.真夏の暑さに耐えられるかちょっと心配ですが,なにより,お財布がボロボロと泣きだしそう ^^;

 そんなふうに魅力はたくさんあるのですが,私の心をもっとも揺さぶっているのは,ディスプレイの説明にある次のフレーズです.

090112a.jpg

前モデルに比べ色域が60パーセント拡大したことで、より豊かで鮮やかに色を表現

 Apple のノートブックは,デザインをはじめ機能性にとても優れた製品のひとつなのですが,ディスプレイ品質はさらなる改善が必要だと思うのです.(もちろん,厳しいコスト競争が背景のひとつとしてあるのは理解しているつもりですよ.)

 どんなに優れたGUI オペレーションを実現したとしても,それを人の目に映し出すディスプレイの表現力がしっかりしていないと,Apple のデザイナたちが繊細に描き込んだ造形が輝きを放たない.そう考えているのです.

 Greenest を目指しつつも,構成コンポーネントにも積極的に手を加えていく,そんななか「色域が60パーセント拡大」これは,大切な進化要素のひとつだと感じたわけです.

 そういえば,ユニボディ MacBook の紹介ビデオで Jonathan Ive 氏が次のことを語っていました.
 

私たちは,細部にまで徹底的にこだわって,使いやすさを大切にし,複雑さをなくしたのです.むだなものはひとつもありません.本当に必要なものを見極め,シンプルさを追求した結果が新しい MacBook なのです.


 きっと,Ive 氏のデザイン哲学なんでしょうね.

| apple | 17:08 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑


COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mbp0804.blog47.fc2.com/tb.php/56-e4932e59

TRACKBACK

「私は謝りたい」と「リンククラブ被害」と「TidBITS日本語版最新...

 こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「TidBITS日本語版最新号」と「リンククラブ被害」と 「MacBookmini」と「私は謝りたい」他をご案内いたします。○アンクル・ホイヤーの独り言・・。 こん○○は!!アンクル・ホイヤーです。情報では 知っていたのですが・・...

| Macとえいちやin楽天広場 | 2009/01/28 04:53 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。