PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Apple は Mac に回帰すべきなのか?

  2007年1月,iPhone の発表と同時に社名から Computer を捨て去ったApple.今後,家電メーカとしての道を歩むのかともいわれていたが,なにやら暗雲が立ちこめている.そんな記事をMarket Watchが掲載していた.

apple.jpg

  BMO Capital Markets のアナリストである Keith Bachman 氏は, Apple の成長の原動力は,iPod でも iPhone でもなく,Mac なのだと主張している.

 PC 市場における Apple のシェアは上昇を続けており,会計年度である 9月末までに 940万台の Mac が売れるとの見通しを立てている.(ちなみに,2007年度の実績を計算すると 705万台)

 そのうえで,今後 iPod や iPhone に大きな期待ができない理由として,次のことを指摘している.

 iPhone は,SIM アンロック,非アクティベート問題が浮き彫りになり, 2008年末までの 1000万台という販売目標は達成できそうにない.現行の価格($399,$499)は高価すぎるうえ,キャリアも AT&T に限定されている.(ただし,これらの問題は,来る数ヶ月に解消されるだろうとのこと.)

 iPod は,成長が大きく鈍化していることを指摘する.2008年第1四半期の販売台数は 2200万台,前年同期比で 5% の成長率だった.要因としては,デジタルミュージックプレイヤ市場の飽和による需要低迷を挙げている.そこで,今年度における販売台数見通しを 5460万から 5110万に下げるとのこと.

 ***

 結局,Apple は「Mac ありき」というのが Keith Bachman 氏の主張なのかもしれない.やはり,社名から Computer を取り去ったのは誤りだったのだろうか.

 たしかに,iPod は救世主的な存在で爆発的に売れたが,今日の市場飽和とともに販売台数が伸び悩み始めた.そして,iPhone は,価格,SIM アンロック,キャリア限定などの問題があってかなり苦戦を強いられている.その陰で,なぜか Mac が好調な販売を続けている.

 こうした現状を鑑みると,Mac にもっと注力すべきと考えるのも理解できる.しかし,Apple は Mac オンリーからの脱却をすでに宣言したのだ.これまでどおり Mac の開発を続け,iPod はもちろん,iPhone という名の Apple ガジェットに挑戦していくのだと.

 今後 iPod touch は,より洗練されたインターフェイスと性能を身につけ,インターネットとの親和性もいっそう高まっていくことだろう.これは,ミュージックやムービーのオンライン配信の普及に欠かせない機能だ.いずれは,Mac や PC フリーとなる日も来るかもしれない.

 iPhone は,ラインナップが拡充され,iPod のようにライフスタイルに合ったものを低価格で入手できるようになるはずだ.そして,まもなくともいわれる SDK の配布によって,サードパーティのソフトが動くようにもなる.また,プロセッサも ARM から Intel へ移行すれば,必然的に Mac との連携ということも考えられる.iPhone の潜在力はまったくの未知数,将来はまだこれからといえる.

 古くからの Mac ユーザとしては,Apple が Mac に回帰し,全力投球してくれるのは正直うれしい.だが,未来を創造する Apple を追い続けることこそがファンであり続ける唯一の理由なのだ.そのためには,新しいことにも果敢に挑戦し,Apple テイストを Mac の外にもっと押し広げていって欲しいと思う.

 過去記事:Appleにとって今年は正念場, iPhone の将来はこれからだ
 参考記事:Apple Insider Macs seen as Apple's only remaining growth driver

| apple | 00:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑


COMMENT

ポルシェにおける911とカイエン

お話を読んで、同感しました。
と、同時に、ポルシェを連想しました。現在、ワールドワイドでは売上の半分近くをSUVであるカイエンが占めているそうです。しかし、ユーザーはトップエンドのスポーツクーペの911のイメージでポルシェ社を評価しており、その評価の恩恵をカイエンも受けている、と思っています。
つまり、売れているからと言って、ポルシェ社(又はポルシェ・ジャパン)がカイエンばかりに力を注ぎ込んでしまったら、いつのまにかブランド力が落ちてしまい、気付いたときには取り戻せない状態になってしまうのではないかという危惧です。
ブランド力の源泉をどう捉えるか、によってとりうる戦略は変わってくると思いますが、Appleが目先の利益に左右されず、またAppleの株主もそうであってほしいものです

| 車好き | 2008/02/28 13:36 | URL | ≫ EDIT

車好き さん

コメントありがとうございました.

iPod が Apple の売り上げに大きく貢献したのは事実なのですが,
もっとも大きな功績は Apple ブランドの波及にあったのだと思います.

ブランド力が相乗効果を生み出し,そのことが Mac 売り上げ増加にも
つながっている,そんなふうに考えています.

> Appleが目先の利益に左右されず

まさに,おっしゃるとおりです,
とても丁寧なコメント,ありがとうございました.





| mbp0804 | 2008/02/28 20:10 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mbp0804.blog47.fc2.com/tb.php/5-940f032b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。