PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

iPhone が変えるコミュニケーション(後編)

 iPhone はコミュニケーションに新しい風を吹き込むのか...
 
 前編に引き続き,後編をどうぞ.原文は,こちらTG Daily の記事

 ***

 では,Apple は VoIP に対して何かアクションをとろうとしているのだろうか.その一端が Apple TV の特許に見てとれるらしい.

 この特許は,iChat widget を Apple TV でどのように実現するかというもので,音声やビデオ着信をリモコンで操作することで,お茶の間におけるビデオカンファレンスを可能にする.

pantent1-080207-4.gif

 理論上は,iPhone とコミュニケーションをおこなうこともできるはずで,Apple TV まで VoIP に取り込もうとしている一つの証拠だという.

 ***

  VoIP がモバイル分野にまで着々と裾野を広げ始めていることや,Apple TV に適した VoIP の研究が進められている現状を考えると,Apple が iPhone 向けに VoIP アプリを提供するのはごく自然の流れともとれる.

 それに打ってつけなのが,iChat というわけだ.iChat は,最大4人同時のビデオカンファレンスに対応し,文字,音声,ビデオといったメディアを自由に操れる.まさに,VoIP を代表する使い勝手に優れたコミュニケーションツールといえる.

ichat.png

 iChat が iPhone 向けにリリースされれば,携帯におけるコミュニケーションのあり方が大きく変わるかもしれない.TV 電話はすでに実現している機能ではあるが,残念なことにほとんど利用されていないのが現状だ.その理由は,コスト的な面もあるだろうが,より使いやすく,なにより会話を楽しめる,ここに魅力を感じないからだろう.

 Apple は,独自の発想力でソフトウェアとハードウェアを巧みにつなぎ合わせることができる.おまけに,製品デザインも群を抜いている.iPhone と iChat の融合は,これからのモバイルコミュニケーションにおける一つのソリューションとして大いに期待がもてる.

sdk_road_map.png

 コミュニケーションの基本は Face to Face であり,音声のみでは伝わりにくい感情を自然に伝えることができる.携帯は,プライベートやビジネスシーンにおけるコミュニケーション手段として,もはや欠かせない道具であり,そこにより豊かな感情表現を求めるのは当然だからだ.

 補足:

 iPhone に実装できる VoIP は,Wi-Fi ネットワークでの利用が前提となっている.電話網とのコネクションは,SDKの仕様として許可されていない.

| apple | 00:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑


COMMENT

画一的

画一的、というと日本語ではネガティブなニュアンスがあると思うのですが。主旨はそうではないのですよね。

統一的、とかそういったネガティブなニュアンスがない単語がいいように思うのですが。

| 半 | 2008/04/15 11:56 | URL | ≫ EDIT

  
 いずれの表現にしても,誤解を招くかもしれませんので,
 「unify」の単語をつかわないタイトルに変更いたしました.
 
 ご指摘ありがとうございました.

| mbp0804 | 2008/04/15 22:43 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mbp0804.blog47.fc2.com/tb.php/31-2df05eef

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。