PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Spaces でドラッグ&ムーブ

 Leopard の Spaces,MacBook Air では手放せない便利な機能で,ふだんはアプリケーションごとに空間を割り当てて使っている.

 ところで,ある空間に割り当てたアプリケーションウインドウを,直接別の空間に移動できることに今さらながら気づいた.

 やり方は,ウインドウを移動したい方向にドラッグするだけ.たとえば,空間1のウインドウを空間2に移動する場合は,ウインドウを右方向にドラッグし続ける.ドラッグは画面の隅まで持っていくのがポイント.

spaces.png

 わざわざ Spaces を呼び出して,多面表示しなくとも直感的に移動することができる.ちょっとお隣の空間に移動させたいときに使えるTipだ.

| apple | 16:28 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑


COMMENT

これはすごい

いままで知りませんでした。F8で呼び出してそこでドラッグしていました。これでも便利だなあとは思っていましたが、そのままいけるとは。

| marshall | 2008/03/31 17:18 | URL | ≫ EDIT

はじめまして,marshall さん

ウインドウをドラッグしているとき,突然移動してビックリしました.

ご存知の方は多いかと思いましたが,とても便利だったのでご紹介
してみました.

「た~にゃの部屋」をリンクに追加させて頂きました.
これからもよろしくお願いします!





| mbp0804 | 2008/04/01 21:39 | URL | ≫ EDIT

はじめましてー。
言いたくなったので一言。
複数アプリケーション、または複数ウィンドウが開いてる状態でF8→F9/F10の順でキーを押してみてください。

| kenjoh | 2008/04/02 01:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mbp0804.blog47.fc2.com/tb.php/24-ddaaf411

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。