PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Apple Floppy ビフォーアフター

 Apple 製品のビフォーアフターといえば,Power Mac G4 Cube のアクアリウムが忘れられない.G4 Cube の中身を抜き取り,残った透明ケースを観賞魚のアクアリウムに使うという大改造だ.柔軟な発想力にとても驚いた.

 今日ご紹介するのは,フロッピーディスクドライブ(FDD)のビフォーアフターなのだが,本題に入る前に,FDD について少し語っておこうと思う.(懐かしさもあって...)

  人生初めてのフロッピーディスクといえば,ワープロに搭載されていた 3.5 インチの 2DD(両面倍密度倍トラック) というタイプだ.後に 2HD(両面高密度倍トラック) が主流となるが,当時のワープロでは 2DD でもずいぶん大容量に感じたもの.それが今や,個人でテラバイトの時代,いったいテクノロジはどこまで進歩していくのだろう.

 その 2HD フロッピディスクに初めて触れたのは,人生最初の Mac である Color Classic .オートイジェクトのドライブをはじめ,フォントディスクも含めると10枚以上あった(記憶が正しければ...)漢字 Talk7 も懐かしい.

 Mac 史においては,光学ドライブ全盛期の初代 iMac をもって FDD と決別してしまったが,漢字 Talkといい,市販ソフトといい,フロッピーディスクには大変お世話になった.

 さて,話を戻そう.Apple はかつて,3.5インチよりさらに前世である 5.25 インチ用の FDDを開発しているが,これを見事にビフォーアフターした作品がある.こちら,instructables にある Apple Floppy Amp だ.

Apple_floppyamp.jpg

 ドライブの中身を改造し,なんとオーディオアンプを内蔵したとのこと.Apple Floppy の外観にほとんど手を加えず,役割をかえてしまおうという着眼点がすばらしい.正面の右にはボリュームつまみを設け,左のドライブ固定レバーは電源スイッチとして機能するそうだ.

 これは勝手な妄想だが,いっそのことCDドライブも内蔵し,アンプ内蔵の CD プレイヤにすればもっとおもしろかったかもしれない.

 Apple Floppy AMP を見ていて,かつての CD-ROM ドライブ Apple CD をふと思い出した.Color Classic は CD-ROM ドライブを内蔵していなかったため,オプションで購入した.たしか,2倍速ドライブだったと記憶している.あの,キャディケース,今も実家の倉庫に眠っていたような ...

apple_cd.jpg

| apple | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑


COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mbp0804.blog47.fc2.com/tb.php/10-b61588e9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。