≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ふわふわの花びらとともに・・・

 大きな桜の幹に手を当てていると、生き生きとしたエネルギーが伝わってくるかのよう。そして、美しくてふわふわの花びらに指をなぞらえる・・・なんだか至福のひとときですね。春の植物は、偉大なくらいにたくましい ^^

120414a.png

 桜を満喫したところで、もうひとつのうれしい春のたよりが届いてますね。なんでも、MacBook Pro のデザインが一新されるそうで。ずっしりしたスピンドルから解き放たれ、空高く、雲の上にふわふわと・・・そんなデザインでお目見えするのかな。

120414b.jpg

 インテルの Ivy Bridge も気になりますね。初のトライゲート・トランジスタを採用し、パフォーマンスがさらに向上しつつも、消費電力は低減するそうですよ。USB 3.0 のネイティブサポートも確実かな?なにもかも、絶好のタイミング。(参考記事

 さらに、IPS ディスプレイを標準採用していれば、もう Mac Pro から乗り換えちゃうな。
スポンサーサイト

| apple | 16:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春の訪れ

あれからずいぶん長い月日が流れました。

大変長らくご無沙汰してます Bitten です。

20120329_163543.jpg

長くお休みしている間に人生の分岐点にさしかかり、ゆとりのない日々に追われていました。そして、ようやく明るい兆しが少し見え始めたところです。

もう少し落ち着いたところで、またブログを綴っていきたいなっと思っています。

| apple | 00:47 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Hello again, MacBook Air

 It's true ! 予てよりその存在がささやかれていた 11-inch MacBook Air 、ついに姿を現しました。まさに Air という名にふさわしいフォルムだ、11-inch モデルを手にして伝わってきた衝撃です。

20101023a.jpg

 2008年1月、ジョブズ氏の満面の笑みとともに初披露された MacBook Air。Apple 史上最軽量・最薄を実現しつつもパフォーマンスも一切妥協しない、初代を初めて手にした感動は今でも心に深く刻まれています。

20101023b.jpg

 あれから2年と9月、「Back to the Mac」イベントにおいて、大幅に刷新された Air がついに登場しました。注目すべきは、なんといっても 11-inch モデルがファミリーとして加わったことでしょう。

20101023d.jpg

 「軽くて、薄くて、よりコンパクトに・・・」多くのファンの夢がまた一つ現実となりました。

20101023e.jpg

 「うわー、かわいい♪」11-inch モデルは女性にも受けがよく、購入される方がこれまでになく多いとのこと。

20101023f.jpg

 繊細かつ美しく、さらに、かわいい・・・。Designed by Apple は、きっと、あらゆる人をとりこにできる魔術を秘めているのでしょうね。^^

20101023g.jpg

 コンパクトなボディでありながらも、広々としたマルチタッチ・ガラス・トラックパッド。クリックボタンが取り去れて、マルチタッチ・オペレーションがいっそうスマートに。

20101023i.jpg

 パワーキーがイジェクトキーにとってかわったのも、Air の特徴を印象づけていますね。

20101023h.jpg

 さて、いよいよこれからセットアップを始めるとしましょう~!

| apple | 13:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

iPod touch 4th のスゴイところ

 収穫したばかりのジューシーなフルーツ iPod touch、キャラクタデザインもおいしそうに映ってきました。それでは、さっそく味わってみることにしましょう。「がぶり!」

20101010a.png

 この品種はですね、FaceTime、Retina Display、HD Video、Game Center・・凝縮された甘さにほのかな酸味、そしてシャキシャキな食感が大きな特長のようです。なんだか、口に入れるのがもったいないくらい~ ^^


 新たな先進テクノロジーがさらに注ぎ込まれ、ポータブル・ミュージックプレーヤーとしての域をまたひとつ超越してしまった、それが今度の iPod touch といえるでしょう。

  Retina Display の緻密な表現力は、目にした誰をも iOS の美しい世界へといざなってくれます。日々生み出される数々のテクノロジは縁のしたの陰役者、ところが Apple はそんなところにまでスポットライトをあて、自社製品の魅力を巧みに伝えようとしています。「Advanced engineering at Play.」このフレーズには、きっとそんな想いが込められているに違いありません。

 さて、iPhone 4 と比べてしまうと、これといって特長がないようにみえる iPod touch。FaceTime、Retina Display、HD Video・・・どれもが iPhone から受け継いだテクノロジーです。電話・通信機能をただ取りさったのが iPod touch なのだ、そんなふうにも思えてきます。

20101010b.png

 ここで iPhone と iPod touch それぞれの特徴をいくつか抜き出してみることにしましょう。進化の過程がたどれるように、世代ごとに並べてみました。

 注目したいのはボディ重量で、iPhone は 135g くらいをキープし続けているのに対して、iPod touch 4th は 101g にまで軽量化されています。さらに、奥行きが 7.2mm になったことで「軽くて薄い」がいっそう際立ってきたといえます。

 数字のうえでは 36g ですが、手にしたときの感覚は明らかに軽いという印象を受けるはずです。デザイン・質感・耐性強度・メンテナンス性・製造難度といったものづくりの要素、わずか数グラムながらも iPod touch の進化には目を見張る物があります。

 iPhone は生命維持ともいうべき電話機能を常に保持する必要がありますので、iPod touch に比べると不利になるのは否めません。それでも、iPhone が次に取り組まなければならないこと、それが軽量化であるのは歴然です。

 iPhone と iPod touch 、互いの優れた遺伝子を融合しながら、さらなる進化を遂げていくことでしょう。

| apple | 12:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

~果樹園で新種のフルーツを収穫しました~

 実りの秋、近くの果樹園に出かけて、とってもおいしそうなフルーツを収穫してきました。

20101009g.jpg

 わぉ、真っ赤でほのかに甘酸っぱい香りの漂うリンゴです。えっと、品種は iPod touch 4th Gen. 農家の方々が、大事に大事に育てられたのでしょう! 出荷ケースもきれいで丁寧な作りですね。^^

20101009.jpg

 おやおや、ケースの中には両耳に入れられるコードのようなものが入ってます・・・。はっ!これはきっと、リンゴの味を確かめるための聴診器なのかな~。

20101009b.jpg

 みずみずしく艶やかなこのかたち、最高品種ならではの存在感を醸し出していますね。

20101009d.jpg

 そうそう、フルーツの専門書をめくると、iPhone という別品種もあるそうですよ。

20101009e.jpg

 どのアングルから眺めてもおいしそう。あっ!このりんごには、品種番号まで刻印されますね。この農園のどのりんご樹で育ったのでしょうか、興味津々・・・

20101009f.jpg

 では、このあと冷蔵庫で少し冷やして、じっくり味を堪能してみることにしましょう。^^

20101009c.jpg

| apple | 18:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑


| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。